活躍するKANBI卒業生

KANBIクリエイターズ

スタイリスト

種村 暢さん 2014年卒

日々のサロンワークに加えて、コンテストにもチャレンジ。
三都杯でデザイナーズ賞をW受賞するなど幅広く活躍

この仕事の魅カ・やりがい

「関西で一番うまい店で働きたい」。僕の願いを叶えてくれたサロンが、高い技術力で知られるこの『grace』でした。スタイリストに昇格して1年。日々のサ ロンワークに励む一方で、イベントやセミナーの開催など、お店の名前を発信するための活動も続けています。美容師として働くうえでのこだわりは、お客様の日常をリアルに想い描くこと。自分の心を開き、相手の本音を引き出しながら、その人が素敵な毎日を過ごせるスタイルを一緒にデザインしたいんです。サロンを出て、普段の生活に戻られたお客様が、家族や友達、同僚から「雰囲気が良くなったね」と声をかけられる。そんな報告が僕にとって一番のやりがいですね。

学校で学んだこと・学生時代

美容師を志した高校時代。学校見学に訪れたKANBIで驚いたのが、先輩一人ひとりがキラキラと輝く姿でした。自由な雰囲気がありながらも、授業や指導力のレベルも高い。「毎日通うならここしかない!」と直感したんです。ところが自由の意味をはき違えた僕は、入学早々からサボりがちに… 。見かねた先生が1・2年生がともに競うコンテストヘの出場を薦めてくれたんです。初めて努力をした結果、1年生の僕がなんと入賞。その感動が原動力となり、練習漬けの毎日が始まりました。結果が出ない時も前を見続けられたのは、その時に感じた悔しさや本気で競い合えた仲間たちのおかげ。努力が楽しいと思えたあの2年間は僕の原点です。

これからかなえたい夢・目標

KANBIで培われたチャレンジ精神は今も僕を動かすチカラ。新しい自分に出会うために、定期的にコンテスト出場を続けています。特に力を入れているのが、最もハイレベルなコンテストのひとつと言われる『三都杯』。3回目のチャレンジで最年少でのファイナリスト進出、そして2つの賞をいただくことができました。キャリアの浅い僕は出場者の中でも注目されなかった存在。でも、自分と同世代の美容師や応援してくれるサロンの後輩に「やればできるんだ」と伝えたくて、自分のすべてを出し切りました。もちろん次にめざすは頂点。その先に描く目標は、若くして業界を引っ張れる美容師です。めざすものがある限り、僕の挑戦は終わりません。

インタビュー動画はコチラ

About Salon

兵庫県西宮市羽衣町5-36 夙川竹園ビル1F

【火~金曜日】9:30~19:00 【土・日・祝】9:00~18:00

0798-36-6221

https://www.grace-dream.com/